里親や施設から巣立つ若者をサポートしています。
奈良・天理|NPOおかえり

もどる
ホーム ホーム >  おかえりブログ > 「児童養護施設職員向け交流会」を開催しました!

おかえりブログ

「児童養護施設職員向け交流会」を開催しました!

  • 2018年07月18日(水)

スタッフNです。

先日、「おかえり」事務所の相談室にて、「児童養護施設職員向け交流会①」を開催しました。

*「児童養護施設職員向け交流会」とは…児童養護施設を退所した後も自立し、安心して暮らせるように。 そのために、まずは職員の方々に足をお運びいただき、「おかえり」や「with」を知っていただきたい。そして、職員の方々とつながり合える機会をもちたい。という思いから、平成28年度より定期的に開催している交流会です。

平成30年度第1回のテーマは「浴衣を素敵に着こなそう」。
夏らしいテーマで、ヘアメイクのKAEMIさんを招いておこないました!

参加者の職員さんは、夏祭りで毎年浴衣を着るそうで、楽しみにしながら参加してくださいました。それぞれ色とりどりの浴衣で、会場もパッと華やかな感じに(o^―^o)

はじめに、理事長より挨拶を。

そして、KAEMIさんに浴衣の着付けを教えていただきました。

KAEMIさんは、高校3年生対象の「自立生活支援研修会」や「SST」で講師を務めてくださったり、職場見学の受け入れをしてくださったり、この交流会でも講師を務めてくださったり、3月に開催した「おかえりフェス」でお仕事体験をしてくださったり…と、日頃から色々な活動でご協力いただいています。

さっそく着付けが始まると、綺麗に着られるポイントを解説しながらの講習となりました。まずタオルを使った補正から始まり、着た時に綺麗に見えるよう、しわの伸ばし方や裾をちょっと上げるなど、KAEMIさんが自分で実際に着ながら教えてくださいました。

四苦八苦しながら着物を着終えると、次は帯!まずはスタンダードな結び方を教えていただきましたが、これもちょっとしたポイントで着崩れない感じに!
みんなで口々に、「これなら長時間着ても崩れないかも!」とニコニコしながら教えていただきました。

一度着終えた後は、一旦全て脱いで、最初から一人で着なおしました。
やはり一回目よりもきちんと着れ、帯ももう一度結ぶと綺麗な感じに。

ここでちょっと応用編の帯の結び方も教えていただきました。これにはスタッフも職員さんも「可愛い~」と大喜び。帯の裏面の色がちょっと見える感じの、素敵なアレンジを教えていただきました!

着終えた後、一人ずつ髪の毛をアレンジしていただきました(≧▽≦)

その後は、「life café」に移動し、談笑。

浴衣と言えばかき氷!ということで、先日ご紹介したかき氷機でかき氷を作りました。
手作りのシロップ(桃・みかんヨーグルト)をかけていただきました。好評でした♪

いろんな話をして、心地良いひとときでした。

これからも交流会を重ねながら、つながりを作っていきたいと思っています。

ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました。 講師を務めてくださいました「KAEMI」さん、ありがとうございました。

皆さまと時間を共有できたことを、とてもうれしく思っています。 今後とも、よろしくお願いします!

ページの先頭へ