里親や施設から巣立つ若者をサポートしています。
奈良・天理|NPOおかえり

もどる
ホーム ホーム >  おかえりブログ > 「止まる」ということ。

おかえりブログ

「止まる」ということ。

  • 2019年11月01日(金)

こんばんは🌃

 

何年かに一度、ふと浮かんでは紹介させていただいている「止まる」ということ。

ここのところ、いろいろな段取りを同時進行していて、頭の中は常にぐるぐるぐる~と回り続けていました。
ようやく、少し肩の力が抜けたところで、久しぶりに浮かんできました。

 

 

『この情報社会、いろんな情報がすごい速さで行き来していますね。

次から次へとすごい速さで流れていく膨大な情報。

その速さについていかなくっちゃ!と必死になっている自分に気づきます。走ってないと、置いてきぼりになってしまいそうな錯覚にも襲われます。

だから、「止まる」って実はすごく難しい。速く走っていればいるほど大変。そして、怖い。

 

以前、「止まる」のが怖くて躊躇していた私に、両親が教えてくれたこと。

「止まっていたら360度見渡せる。歩いたら180度。走ったら90度くらいかなぁ。走れば走るほど、急げば急ぐほど、どんどん視野が狭くなってしまう。

止まったらいいよ。見渡せるから。
自然と自分に必要なものや進む道が見えてくるから。やってくるから。

その時に、そっと手を広げたらいいんだよ」』

 

ふみ

ページの先頭へ