里親や施設から巣立つ若者をサポートしています。
奈良・天理|NPOおかえり

もどる
ホーム ホーム >  おかえりブログ > 「里親更新研修」にて「SST」を実施しました!

おかえりブログ

「里親更新研修」にて「SST」を実施しました!

  • 2019年09月13日(金)

おはようございます。
今日はしとしとと雨模様ですね☔

 

昨日、「児童家庭支援センター てんり」さんにて開催された、「里親更新研修」で講師を務めさせていただきました✨

今回のテーマは、「SST(ソーシャル スキル トレーニング)って何?」💡

普段「自立サポートセンター with」の活動の一つとして、里親家庭や児童養護施設等で暮らす中高生や巣立った人を対象に実施しているSST(今回は「生活費」と「住居」)そのものを体験していただきました。

 

まずは、自己紹介とパワーポイントを使っての活動紹介を。
今回初めて、「どんな相談があるの?」と題して、日々「自立サポートセンター with」で関わる子どもたちや巣立った人たちからの相談の例もお話ししてみました。

 

そして、SST(ソーシャル スキル トレーニング)をしました。

 

ワーク① 「生活費」
「A:生活に必要なお金」「B:家賃」「C:お小遣い・貯金」を穴埋めにしたシートをお配りし、それぞれ考えていただきました。

皆さんの周りをまわりながら、金額や感想などお聞きした後、冊子「知ってほしい 生活する上で必要なこと」をお配りし、目安として記載している金額と見比べていただきました。

 

ワーク② 「住居」では、どんな部屋に住みたいか条件を考えていただきました。
これまで講師派遣では私を中心に登壇させていただくことが多かったのですが、今回初めて、スタッフの岡田がワーク②を担当しました。

「ペットが飼えるところ」や「家賃が安いところ」、「キッチンがあるところ」、「3階以上のところ」など、さまざまな声がありました。

 

休憩を挟んで、ワーク③ 実際に賃貸会社のフリーペーパーの中から、「生活費」で出した家賃の額(今回は4万円)で条件に合った部屋を探していただき、決め手となったポイントとともに聞いていきました。

「〇〇ページの右上の部屋」と答えていただくと、皆さんそのページをめくり「おお~!」「いいなぁ~」など和気あいあいとした雰囲気で進んでいきました。

その他、初期費用についてや手続きについて、生活に必要なものについて、普段のSSTで伝えていることをそのままお話ししました。

 

今回は、3つのワークを体験していただきました。
普段通り、自分と違う視点や発見を感じてもらいたいという思いから、それぞれのワークで共有していいただきました。

そして、3つのワークとも皆さんの周りをまわりながら、普段のSSTでの中高生や巣立った人の様子や出てくる言葉なども紹介させていただきました。

 

ワークの後、3つのグループに分かれて、グループトークをしていただきました。
私も1つのグループに入らせていただき、いろんなお話を聞かせていただきました。

 

3時間という研修時間。
「SST」をテーマにした研修ではこれまでにない長い時間だったので、どうなることかと思いましたが、終始和やかに進んでいき、とても心地よかったです。

休憩時間では、初めてお会いした里親さんが「以前から『おかえり』を知っていたけど、実際にお会いできてうれしい」と話しかけてくださったり、グループトークのときには、以前から研修などでご一緒させていただいている里親さんから「いつも送ってもらっているお便り、里子に渡しているよ」と話しかけてくださったり、とてもうれしいひとときでした。

 

「里親家庭や児童養護施設等で暮らす子どもたちが安心して巣立っていけるように。そして、巣立った人たちが自立し、安心して暮らせるように」
今回の研修会がその一助になれば幸いです。

 

貴重な機会をありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします!

 

ふみ

ページの先頭へ