里親や施設から巣立つ若者をサポートしています。
奈良・天理|NPOおかえり

もどる
ホーム ホーム >  おかえりブログ > ピーナッツ収穫体験をしました!

おかえりブログ

ピーナッツ収穫体験をしました!

  • 2018年10月21日(日)

スタッフNです。

今日は秋晴れのなか、”「ふるさと」プロジェクト” でピーナッツ収穫体験をおこないました!

“「ふるさと」プロジェクト!” とは…里親家庭や児童養護施設等で暮らしている子どもたちと、交流会を重ねながらつながりを作り、里親家庭や児童養護施設等を巣立った後も自立し、安心して暮らせるよう、子どもたちの「ふるさと」(心の拠り所)をつくろうというプロジェクトです。

今回ご参加いただいたのは里親家庭・ファミリーホームの子どもたち&里親さん。
ピーナッツの収穫が初めての子ども(大人も)も多く、ワクワクしながら「おかえりファーム」に集合しました。
まず、理事長から挨拶があり、ピーナッツがなっているところへ出発!

 

ピーナッツはどんな形でなっているのかな??
話を聞きながら収穫です。

その後、さつまいも掘りやみかん狩りも。

大きなさつまいもや美味しそうなみかんに、子どもたちもニコニコです♪

その間、残った大人たちはお昼のカレーライス作り。
今日はロケットストーブという、屋外で使えるものを使用してご飯・カレーをその場で作ることに。

20人分のお肉の量にみんなでびっくりしながら、たっぷりのカレーができていきます。

となりではさつまいもが焼かれていました。
ロケットストーブでじっくり焼いて、おいしそうな焼き上がりになってきました。

カレーが出来上がるころ、「みかん採れたー」「おっきなさつまいもあったー」と言いながら子どもたちが戻ってきました。採りたてのみかんは甘くておいしい!

カレーの匂いにワクワクしながら、できたてのカレーをお皿によそってもらい、みんな揃ったところで「いただきます!」

カレーをおかわりしたり、アツアツの焼き芋を食べたり、みかんを食べたりしている頃、ゆであがったピーナッツが運ばれてきました!とりたてのピーナッツは、ゆでて食べるとおいしいんですよ!

子どもたちも大人も次々と手が伸び、白くゆであがったピーナッツをほおばっていました。

その後はそれぞれ畑をかけまわり、にぎやかに遊んでいました。
おなかもいっぱい、いい空気もいっぱい、思い出もいっぱい。
楽しい秋の一日でした。

ページの先頭へ