里親や施設から巣立つ若者をサポートしています。
奈良・天理|NPOおかえり

もどる
ホーム ホーム >  おかえりブログ > 「はたらく」ことを知る機会を提供する

おかえりブログ

「はたらく」ことを知る機会を提供する

  • 2019年06月27日(木)

おはようございます(*^^*)

 

今年度からの新しい取り組み、「life cafe」de ごはん や「実子サロン」など、これまで以上にさまざまな活動をしています。
県内の里親さんや児童養護施設等の職員の方々とのつながりも深まっているなぁと実感することも多く、ありがたいです。

 

先日「平成31年度 奈良県里親会総会」が開催され、その中で少しお時間をいただいて、スタッフたちが「実子サロン」の案内をさせていただきました。
これまで発信は私が行うことが多かったのですが、スタッフが案内させていただいたことに、そしてそれを受け入れてくださることにありがたさを感じました。

 

「おかえり」の活動を始めて今年で10年。
今年度がはじまってから、これまでの活動を振り返る機会を多くいただいています。

先月、ある書籍の執筆をする中で、これまでのこと、現在のこと、これからのことをまとめました。

これまでの活動について、何を目指して歩んできたのか、その時々で何を考えてきたのか、そして今何を考えているか、何を見ているのか、、、自分の中にあるものをほぼ全て言語化することができました。
不思議なもので、言語化ができると、それを伝える機会をいただくようになり、これから取り組んでいきたいと考えていたことが動き出しました。

 

その中の一つが、「はたらく」ことを知る機会を提供するというもの。

今年度、【ソフトバンク・チャリティスマイル 第3回「安心して社会に巣立とう」応援助成】を採択いただき、職場見学を計画しています。

実際に企業様を見学させていただき、「はたらく」ことについての話を聞き、体験し、「はたらく」ことを知る機会となればと考えています。
どのように進めていくか考えていたときに、企業様をご紹介いただく機会を頂戴し、実現に向けて準備を進めています。

 

職場見学は、8月上旬に奈良県内の児童養護施設で暮らす中高生を対象に開催します。
随時、進捗状況をお伝えできればと思っています。

 

「さぁ、これから」。

「30年後の未来」を目指して歩んでいるこの活動も、9月で10年という年月が経ちます。
次の10年。いただくご縁を大切に、一歩、一歩、今できることを精一杯。

 

ふみ

ページの先頭へ