里親や施設から巣立つ若者をサポートしています。
奈良・天理|NPOおかえり

もどる
ホーム ホーム >  おかえりブログ > 「with」開所7周年を迎えて。

おかえりブログ

「with」開所7周年を迎えて。

  • 2022年07月02日(土)

こんにちは(*^^*)

2022年7月1日
奈良県委託事業 子どもの「自立」サポート事業を受託し、「自立サポートセンター with」を開所して7年が経ちました✨


「おかえり」に関わるすべての方に心より感謝申し上げます。皆さま、いつもありがとうございます。

 

今から7年前…開所した頃は不安も多く、県内の児童養護施設等へ訪問し、施設長に奈良県のアフターケア事業所として、どのような形がいいのか、どのようなことが求められているのかなどを教えていただきながら、一つひとつ形にしてきたように思います。

これまで幾度となくお話ししていましたが、「おかえり」設立の経緯は、両親が養育里親として初めて迎えた妹(里親委託児童)が高校卒業を控えたときに巣立った後への不安を抱えていた姿を見て、「好きなことしい、何かあったら絶対たすけるから」と言える環境をつくりたいという思いからです。

 

2010年より「おかえり」の活動をしていましたが、2015年に事業を受託し、いよいよ思い描いていた通り、「これが、ふみ姉の仕事やから(遠慮なく何かあったら言ってね)」と言える環境になるというところに立ったときに、うれしさと同時に怖さも感じていました。

それまでも、「30年後の未来」を目指して、今できることを精一杯と歩みを進めていましたが、ボランティアではなく仕事になるということで、改めて自分自身に問いかけていたように思います。

 

どんなときでも勇気を出して相談してくれた人と向き合いたい。
どんなことがやってきても逃げない自分でいたい。
・・・本当にそれができるのかな。

そんな不安もありながらのスタートでしたが、児童養護施設等の施設長はじめ、たくさんの方々に支えていただき、勉強する機会や「一緒に」考える機会を多くいただいて、今の「with」の形になりました。

 

そして、これまでたくさんの里親家庭や児童養護施設等で暮らしている子どもたちや巣立った人たちとの出会いがありました。7年経った今も変わらず、スタッフとともに一つひとつのつながりを大切に日々歩んでいます。

中には、出会って何年も経つ人もいて、「もう出会って〇年ですね」とつながりを感じてもらうことも多いです。

日々生活していると、いいときもあれば困難に遭うこともあると思うので、そんなときに気軽に言える居場所の一つになれるといいな。

 

「その人がいいようになったらいい」
そう思っているので、その人が心地良かったり幸せだと感じたりする生き方を一緒に考えたり、サポートしていけるといいなと思っています。

これからもご縁を大切に、今できることを精一杯努めていきます。
今後ともよろしくお願いいたします!

 

ふみ

ページの先頭へ

Warning: Use of undefined constant s - assumed 's' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/npo-okaeri/www/wp/wp-content/themes/karakosha/single.php on line 39